今どきの異性との出会いは「出会い系サイト」と答える人も少なくないでしょう。
それだけ出会いを目的としたサイトは社会に浸透し、高校生を除く18歳以上であれば誰もが気軽に利用できる存在となりました。

SNSの利用者が急増したころは出会いのサイトの利用者は激減するのでは・・・という人もいましたが、SNSと出会い系とでは根本的に内容が異なりますので出会い系サイトの人気は今もなお健在です。

今回は、出会いを目的としたサイトの良いところについて書いていきましょう。

出会い系に対する批判的な目

出会い系サイトというと、犯罪・援交・売春・詐欺・サクラ・・・などと悪いイメージばかりを思い浮かべる人がいます。
これは、テレビや新聞・週刊誌などで報道されるニュースによる影響だと思われますが、とにかく出会い系に関しては悪いニュースだけが取りざたされます。
(まぁ出会い系がいい話題がニュースになることはないでしょうけど・・・。)
確かに悪いイメージを払拭できない面もありますが、実際にニュースで取り上げられているのはサクラを置いて運営している悪質なサイトなどで、それ以外は利用者の責任範囲によるものも多いのです。
つまり、出会った後の行動にモラルや理性のない一部の人たちが、法を犯すことによって出会い系サイトのイメージを悪くしているのです。

「出会い系サイト規制法」により最近では悪質なサイトも減ってきましたが、サイトによってはエッチな行為を連想させるようなデザインのサイトも多く、見た目で如何わしさを感じる人も多いことでしょう。
また、「セフレ」や「不倫」といったワードを目にしただけで「悪いサイト」とレッテルを貼る人も少なくないはずです。

そんな人たちに一言いいたい・・・。
そんなサイトばかりではないということを・・・。

出会い系サイトのイメージ

出会いのサイトを利用する目的を大きく分けると真面目な出会いと大人の出会いに分けられます。
イメージ的に言うと「真面目な出会い」は健全で「大人の出会い」は不健全ということになりますが、だからといって「真面目な出会い」のサイトは優良サイトで「大人の出会い」のサイトは悪質かというとそういうわけではありません。
「真面目な出会い」なのか「大人の出会い」なのかはそれぞれの目的に会ったお相手を見つけやすくしているだけで、利用する人たちにとっては使い勝手の良い分類なのです。

出会いを目的としたサイトのイメージは人それぞれですが、悪いところだけを見て判断するのは偏見過ぎるかもしれません。
出会いのサイトも選び方や使い方次第ではよいところもたくさんありますので、まずはサイトを覗いてみることです。

出会い系サイトの良いところ

出会いを目的としたサイトが社会的にも貢献している?ことをこじつけてみましょう。

いま、日本が抱えている社会問題に「少子高齢化」があります。
その要因には、出生率の低迷←若者の結婚離れ←若者の出会いがない・・・というこじつけもできないわけではありません。
つまり、出会いの場があれば結婚へと進展するカップルもいるでしょうし、結婚すれば子供ができる可能性だってあるということです。

あくまでもこじつけにしかすぎませんが、現に出会いのサイトを利用して恋人を見つける人もたくさんいますし結婚しているカップルもいます。
そういった成功例をサイト内で紹介しているサイトもありますので、一度眺めてみるのもよいでしょう。
出会い系に対する見方も少しは変わるかもしれませんよ。

使えばわかる出会い系の良さ

出会い系サイトには確かに悪質なサイトも存在しますが、出会い系サイト規制法などの法整備によってその数は減少傾向にあります。
悪質なサイトが無くなれば利用者は安心して利用できるようになりますし、出会い系に対する社会的評価も悪くなることはないでしょう。

出会い系サイトは出会いを求める者同士が集まって、その中で理想のお相手を見つけることができる大変画期的なサービスです。

その良さは実際に使ってみればわかります。