出会い系サイトのメール機能は、出会いたい相手にアプローチしたりやり取りを通じてお互いの距離感を縮めたりと、リアルな出会いを実現させるための重要な役割を持っています。

そんな重要な機能を上手く使いこなすことができれば、返信率や出会い率を限りなく高めていくことができます。

ここでは、出会い系のメール機能の上手な使い方についてまとめています。

出会い系のメール機能

出会い系サイトでの出会いまでの基本的な流れは、まずはプロフィールや掲示板から目的や条件に合った相手を検索します。
そして、出会いたいと思う相手を見つけたらメール機能を使ってアプローチします。

出会い系では基本的に男性側からアプローチメールを送ることになるので、アプローチした女性から返信メールを貰うことができれば、その後はメールのやり取りを通じてリアルな出会いへと進展していきます。

この流れを見ても分かるように、出会い系サイトのメール機能は自分と相手とをつなぐ唯一の接点、つまり運命の赤い糸ということになるので、リアルな出会いを決定づける重要な機能といえるでしょう。

メール機能を使いこなそう!

出会い系サイトでのメールのやり取りは、基本的にサイト独自のメールシステムを使って行います。
直接相手とやり取りするわけではなく、サイトを経由して送受信することになるので、相手にメールアドレスを知られることはありません。

定額制や無料の出会い系サイトの中には、直接やり取りできるメールアドレスいわゆる直アドや電話番号を交換できるところもあるので、そういったサイトでは早くお互いの連絡先を交換することで出会いのチャンスが格段に広がります。

また、無料の出会い系サイトはもちろん、定額制のサイトでも利用期間内は全ての機能が使い放題というところがほとんどなので、できるだけたくさんの相手にアプローチメールを送ることで返信率・出会い率を高めることができます。

メール機能の上手な使い方・・・それは、いかに自分をアピールできるか、そしていかに相手から返信を貰えるかということになります。

出会い系サイトでは、顔も見えない会話もできない環境でお互いの距離感を縮めなくてはいけないので、相手に良い印象を与えるメッセージを送ることが大切です。

そして、相手が返信しやすいように、簡単な質問を投げかけてみるもの効果的です。
一方的に自分のことだけをアピールするだけでなく、相手に対して興味を持っていることを示すことも大切です。

しかし、ここで注意しなければいけないのが、相手のことを知りたいがために興味本位であれこれと質問攻めにしないことです。
特に、女性に対して根掘り葉掘り質問してしまうと、不安感や警戒心が高まり返信は期待できなくなります。

たとえ出会いの目的が大人の出会いであっても、下ネタを多用したりすぐにホテルに誘ったりしてはいけません。
お互いに仲良くなるまでは、あくまでも紳士的に・・・それがメールのマナーです。