出会い系サイトに関連するトラブルとしてサクラや架空請求・不当請求について書いてきましたが、ワンクリック詐欺も忘れてはいけません。

実は、私も過去にワンクリック詐欺のトラップに引っかかったことがあり、大変な思いをしたことがあります。

ここでは、私が実際に体験したワンクリック詐欺の手口と対処法について書いています。

ワンクリック詐欺とは…

まずは、ワンクリック詐欺とはどういったものなのかを知ってきましょう。

ワンクリック詐欺とは、おもにアダルト系のサイトや出会い系サイトにおいて、サイト内の「年齢認証」や「サンプル動画」といった表示をクリックしただけで一方的に契約が成立したことにされ、多額な料金を請求してくる詐欺のことを言います。

利用者の中には、アダルト系のサイトや出会い系サイトを利用したという後ろめたさや焦り、さらには周囲に知られたくないという思いから支払いに応じてしまうケースも少なくないようです。

「ワンクリック詐欺」という言われ方をしますが、2回目のクリックで被害に遭ってしまういわゆる「ツークリック詐欺」も実際にあります。

ワンクリック詐欺に遭ってしまったら…

冒頭の方にも書きましたが、実は私も過去にワンクリック詐欺の罠に引っかかったことがあります。

今でも鮮明に覚えていますが、その時はアダルトの動画サイトを見ていました。
画面にはきれいなおねーさんが卑猥でエッチな行為をしているサムネイル画像が並んでいます。
そして、その下に「サンプル動画を見る」のボタンがあったのです。

こいつをクリックしたらヤバイかもしれない・・・。
そう思いながらも、どうしても動くヤツが見たくてそっとクリック!
次の瞬間、パソコンの画面には別のウインドウが立ち上がり「会員登録が完了しました!」の表示。
そして、そこには10万円を超える請求の文字が・・・。
見事にやられてしまったのです。

請求を訴えるウインドウは、消しても消してもすぐまた表示されます。
「う~わぁ」
それならば・・・と、パソコンを一旦シャットダウン!
しか~し、立ち上がったパソコンには、またもや請求のウインドウが・・・。
そうです。「サンプル動画を見る」の表示をクリックした際に、不正なプログラムをインストールしてしまったのです。

こっ、これがワンクリック詐欺か・・・。
当然、支払いに応じるわけにはいきません。

このあと私がとった行動は、まずはパソコンのシステム修復(システムの復元)です。
そして、最新のウイルスソフトを導入してスキャン!
これでパソコンは落ち着きました。

しかし、エッチな動画を見たい・・・という思いは、今もなお健在です。

やってはいけないこと

ワンクリック詐欺だけでなく架空請求や不当請求もそうですが、被害に遭いそうになったときに決してやってはいけないことがあります。

それは、決して支払いに応じないこと。
そして、苦情や確認のために安易に連絡を取らないことです。
こちらからメールや電話を使って問い合わせをしてしまうと、相手に連絡先を知られることになりさらに請求がエスカレートすることになります。