悪質な出会い系サイトによる詐欺と言えば、サクラを思い浮かべる人も多いことでしょう。

しかし、悪質な詐欺行為を行うのはサクラサイトだけではありません。
なかには、架空請求や不当請求といった形でお金をだまし取ろうとするサイトもあるので注意が必要です。

ここでは、悪質な出会い系サイトによる架空請求や不当請求についてまとめています。

架空請求とは…

架空請求は、実際には利用していない機能やサービスをあたかも利用したかのように見せかけて請求してくることを言います。

繰り返し請求を受けても、本当に身に覚えのない請求であれば無視していても問題はありません。

不当請求とは…

不当請求は、有料の機能やサービスを利用しているが、請求された金額が契約時の料金とは異なる請求のことを言います。

不当請求を受けないようにするためには、サイトの内容や利用規約、さらには料金表や支払い方法を十分に確認しておく必要があります。
支払方法につては、ポイント制でも定額制でも前払いを選択しましょう。
後払いにしていると、ポイントを使いすぎていたリ利用期間が自動的に延長されていたりする場合があります。

架空請求や不当請求の対処法

もし、あなたが架空請求や不当請求を受けてしまったらどのような行動をとりますか?
架空請求と不当請求とでは、対処の方法が若干異なりますので慎重に対処する必要があります。

まず、架空請求の場合は、基本的に無視することです。
架空請求は身に覚えのない請求、つまり実際に有料の機能やサービスを利用していないのに請求されているわけですから、当然支払いに応じる必要はありません。

確認のために請求元にメールや電話をしてしまうと、個人情報を相手に教えることになるので増々請求がエスカレートしてきます。

不当請求の場合は、実際に有料の機能やサービスを利用しているが、契約や料金表とは違った金額が請求されていることになるので、請求元に利用明細などを確認する必要があります。

利用明細などの提示もなくただ一方的に請求してくる場合や、身に覚えのない利用明細が提示される場合は詐欺の可能性があります。

また、不当請求の場合はサイトの説明や契約の内容を確認して、自分に落ち度が無いかを確認する必要もあります。
支払方法が後払いとなっていて、思いのほか利用期間やポイントの使用量が増えていたということも無いわけではありません。

いずれの請求の場合でも、金額がさほど大きくなければ表沙汰したくないがために支払いに応じるといった人もいるようですが、それが詐欺グループの狙いですので、決して安易に支払ってはいけません。

悪質な請求がエスカレートしてきて、嫌がらせや脅迫めいてきたら、消費者センターへの相談も考えましょう。
出会い系サイトを利用したことは説明しなければいけませんが、自分一人で悩んで憂鬱な日々を過ごしたり支払いに応じるよりもマシです。